KOBELCO
ご質問から資料請求までお問合せ

WWWを検索 kobelco-comp.co.jpを検索
製品案内 PDFカタログ
 
コベルコドレン処理装置




ドレン処理装置外観
 
効率向上と環境保全を追求
   
 
高性能フィルタの採用
ドレン中に含まれる乳化油を特殊フィルタに吸着させ、油分濃度を5mg/L(水質汚濁防止法の排水基準)以下に処理します。
 
 
ドレン処理費用の大幅削減
油冷式コンプレッサから排出されるドレン水には微量の油分が混入しているため、直接河川へ放流することができません。このドレン水を廃棄業者にて処理した場合と比べ、ドレン処理費用を大幅に削減できます。
 
 
フィルタのリサイクルが可能
メインフィルタおよびプレフィルタはリサイクル可能なエレメント交換方式を採用しています。
 
 
メンテナンスの省力化
装置にはメインフィルタの汚れを確認できる窓を設けており、フィルタの交換時期が一目でわかります。また装置の入り口側には万一大量の油が飛散した際にメインフィルタを保護するプレフィルタを設置し、さらに装置の出口側には処理したドレン水の汚れを目視確認できるよう、清水確認槽を配しました。
 
 
省設置スペース
設置スペースは600W×300D×1,200H(mm)のコンパクト設計です。
 
 
簡単設置・自由なレイアウト
電源は不要です。コンプレッサとの接続は付属のワンタッチ差込式チューブで簡単に行うことができ、設置スペースに合わせたレイアウトが可能です。
 
   
     
配管接続例
       
 
 
     
 
注1. ドレン集合管の一番川上側に必ず電磁弁方式のドレン排出器を取りつけてください。ドレン集合管の一番下側はドレン処理装置の入口と接続。フロート式・ディスク式ドレントラップ等から排出されるドレンはドレン集合管の中間に接続。
注2. 各トラップの出口には必ず逆止弁を設けてください。
注3. コンプレッサ1台に対してドレン集合管は必ず1本設けてください。コンプレッサ2台の時は2本設けてください。ドレン集合管を2本以上設ける時は、各々の集合管の川下側に逆止弁を設けてください。
注4. ドレン水の油水濃度が150mg/Lを超える場合は別途ご相談ください。
 
ページ先頭へ
       
  標準仕様  
 
  コベルコ・ドレン処理装置
  DR-UNIT-1
適用エアーコンプレッサ
スクリュ総合計: 5〜37kW…本装置1台
37〜75kW…本装置を2台並列で使用してください。
(レシプロコンプレッサには使用できません。)
処理後の油分濃度 5mg/L以下(n-ヘキサン値)
処理方式 フィルタ方式(フィルタエレメントは焼却可、有毒ガスは出ません。)
フィルタ槽の本数 メインフィルタ 1本  プレフィルタ 1本
メインフィルタの
全処理量※注4
油水濃度50mg/Lの時 43,500L
油水濃度150mg/Lの時 14,500L
プレフィルタの交換時期 メインフィルタ交換時又は、プレフィルタ槽内に浮上油が見られる場合に交換。
最大処理能力 18L/H
フィルタエレメントの交換方法
(メインフィルタ・プレフィルタ)
メインフィルタ: 槽ごと交換致します。槽にはフィルタエレメントが緻密に詰め込んでありますので、貴社でのエレメントを詰め込むことはできません。取り外した槽を弊社に返却してください。弊社でフィルタエレメントを詰め替え貴社にお送り致します。(有償)
プレフィルタ: プレフィルタ槽のハウジングを取り外し汚染されたプレフィルタエレメントを取り除き、ハウジング等を清掃した後、新品のプレフィルタエレメントを取付けてください。(貴社での交換)
運転方法 コンプレッサの自動排出電磁弁、電子トラップなどによりドレンを圧送し処理。
最高使用圧力 0.8MPa
ドレン水入口温度範囲 0℃(ドレンが凍結しないこと)〜50℃
入口・出口口径 Rc 1/4
外形寸法 600W×300D×1,200H(mm)
質量 約60kg  運転質量70kg
 
 
  オプション品  
 
名称 温風ヒータ
型式 DR-HTR
用途 寒冷地用
電源 50/60Hz AC100V、200W
(家庭用コンセント)
加温方式 温風ヒータ方式
周囲温度 −10℃〜50℃
名称 ドレン分離槽
型式 DR-TANK
用途 ドレン水に多量の油分が
含まれる(浮上油が出る)
場合に適用

名称 ドレン水パン(オイルパン)
型式 DR-PAN
用途 ドレン水がこぼれる等、
万一の備えに適用
 
     
 
名称 電磁式トラップ
型式 DR-TRAP-S1 DR-TRAP-S2
用途 ドレン分離槽あるいはドレン集合管を設置する場合に適用
電源 50/60Hz AC100V AC200V
適用機種 1.5kW〜75kW
 
 
All rights reserved, 2003, Copyright (c) KOBELCO COMPRESSORS CORPORATION ページ先頭へ