カタログ
スペック
コンプレッサは新しい評価基準へ
これからは最高効率の比エネルギー性能で選ぶ時代です。エメロードALEは、さらなる技術革新と細部に至るまでのロス削減により、最高効率の比エネルギー性能を追求しました。

Technology innovation

新型本体&徹底したエネロス削減により、卓越した比エネルギー性能を実現。

クラス最高効率のパッケージ比エネルギー性能

比エネルギー性能の比較
比エネルギー性能の比較グラフ

新型ALEではJISB8341-2008(ISO1217Edition3相当)に基づき、パッケージ式圧縮機の比エネルギーで性能評価を実施しています。これにより本体性能だけでなく、パッケージ内の損失、補機も含めたよりお客様の使用状況に近い状態での評価に基づき、本体・パッケージの開発を行い、性能向上を実現しています。

従来ALE比:3%向上!/油冷単段機比:8.5%向上!

※新型・従来ALE132kW、油冷単段機125kW比較(当社機比較)

高効率を追求した新型本体

高効率を追求した新型本体

1956年、国産初のオイルフリースクリュコンプレッサ開発以来、スクリュロータ革新の歴史で培った高度な解析技術、分析技術に基づき設計された新しいロータプロファイル。効率を徹底的に追求した新型本体により、クラス最高効率の比エネルギー性能を実現しました。

【新型本体改良ポイント】
  • エネルギーロスが最小になるよう、中間圧力を最適化
  • 本体コーティング方法や軸封構造改良による本体間隙の最適化
  • 軸封部からのエアの漏れを低減

ロスを削減したパッケージ設計

ロスを削減したパッケージ設計

圧力損失や補機動力の低減、IPMモータ・IE3モータ・ターボファンといった高効率機器の搭載により、エネルギーロスを削減。また、クーラ最適設計による吐出温度の低減により、後流機器の選定を小型化でき、省エネ性がさらに向上しています。

Reliability

コンプレッサに求められる信頼性・耐久性にも、極めて高い基本性能を誇ります。

新大気開放穴2ヶ所構造(特許出願中)

新大気開放穴2ヶ所構造(特許出願中) コベルコ独自の大気開放穴2ヶ所構造が、長時間アンロード運転が続いても潤滑油が圧縮室内に浸入するのを防ぎます。

大気開放穴【A】/大気開放穴【B】

大気開放穴を135度の位相差を設けて配置。これにより軸封構造を最短にすることが可能となり、ロータ間の隙間の最適化による性能向上に貢献しています。

【コベルコ】大気開放穴2個【他社】大気開放穴1個
3段階の軸封構造(アンロード運転時)
  1. ①オイルシールにより潤滑油の浸入を防ぎます。
  2. ②オイルシールを越えた潤滑油は油戻し溝により押し戻されます。
  3. ③油戻し溝を越えて大気開放穴Bに到達した潤滑油は、大気開放穴Bから排出されます。大気開放穴A-B間は同圧のため、大気開放穴Bを越えて潤滑油が浸入することはありません。

すぐれた耐腐食性

すぐれた耐腐食性 ドレンアタックの影響を受け、高い耐腐食性を要求される2段圧縮機本体の材質にはステンレスを採用。耐熱性、滑り特性、はく離性能にすぐれたテフロンコーティングとの組み合わせにより、腐食による性能低下を防ぎます。

耐腐食性能自社試験結果
炭素鋼+コーティング(左)/ステンレス+コーティング(右)

クラスゼロの認証を取得

ISO8573-1 クラスゼロ認証取得100%オイルフリー

〈エメロードALEシリーズ〉は、コベルコのオイルフリー技術が認められ、圧縮空気の品質等級において最高レベルの清浄度を示すクラスゼロ(ISO8573-1[−:−:0])の認証を取得しています。

オーバーホールサイクルを長期化

長寿命軸受の採用により、1段本体9年、2段本体6年のオーバーホールサイクルを実現しました。

オーバーホールサイクル
1段本体:9年/2段本体:6年

Usability

お客様の使用性、作業環境を第一に考えユーザビリティがさらに向上。

クラス最高レベルの静音性

徹底した騒音対策により、オイルフリーコンプレッサ特有の騒音を静音化。周囲9点平均に基づく厳正な騒音値評価で、従来機と比べ大幅に騒音値を低減。静かで快適な作業環境を実現します。

運転音の比較(周囲9点平均)
新型ALE:66db/従来ALE:73db

※出典:「騒音の目安(都市・近郊用)」/全国環境研協議会 騒音小委員会

防音性能にすぐれたパッケージ構造

パッケージ吸気開口部を1箇所に集中させることで騒音源を減少。
さらに吸気開口部にスリットを設け、効果的に減音します。

防音カバー

耳障りな周波数帯を除去する吸音材と、より密閉性を高めたシール構造で、音漏れを抑制します。

サイレンサ

新開発の吐出サイレンサおよび吸込サイレンサにより、騒音源に対して効果的に防音します。

CAGI推奨のISO基準に準拠した測定方法

周囲9点の測定ポイント(開口部含む)が対象となるため、従来の4点の測定ポイントと比べ、より厳しい評価基準となる。

CAGI推奨のISO基準に準拠した測定方法
周囲9点平均
前後左右:間隔1m、
接地面より高さ1m
上部中心+4隅:
パッケージ天井面より高さ1m
従来測定ポイント
前後左右:間隔1.5m、
接地面より高さ1m

メンテナンス性にすぐれた構造

大型で開閉可能な扉を前後面に採用。日常点検、メンテナンス時の各部へのアクセスを容易にしました。配管点数を従来機より削減したことで、パッケージ内部での作業性を向上しました。

メンテナンス性にすぐれた構造

電源、計装空気不要のエグゾーストクリーナー

電源、計装空気不要のエグゾーストクリーナー小型・高性能タイプのフィルタ方式でパッケージに内蔵。油分分離効率99%以上でパッケージ内部をクリーンに保ちます。油煙がエレメントに吸収されず自己分離される構造のため、長期間にわたり圧力抵抗がつきません。

安定稼動に貢献する停電保護機能

瞬停保護機能:0.1~0.5秒
瞬停保護機能
停電自動復帰:0.1~20秒
停電自動復帰

先進機能の新型コントローラにより、コンプレッサの運転状況の確認や各種設定が簡単にできます。

7インチ大型タッチパネル搭載の新型コントローラ【運転画面/設定画面/便利な設定/運転データ表示/トラブルシューティング/アラーム画面/運転履歴画面/その他】

充実の保護機能

  • 7500Vサージキラー内蔵
  • モータコイル温度標準監視
  • 断水検知フロースイッチ(水冷機のみ)
  • パスワード機能搭載
  • 非常停止ボタン標準搭載

USBメモリによるデータロギング

モニタにUSBメモリを接続することで、各種運転データのロギングが可能です(CSV出力)。

自動台数制御運転機能

最大6台までエンドレスサークル運転

相互結線により最大6台までの自動台数制御運転が可能に。台数制御盤がなくても最適な省エネ運転を実現します。

Energy saving & Engineering solution

機器の省エネからシステムエンジニアリングまでトータルソリューションを提案。

インバータ機の優れた部分負荷性能

コベルコインバータの消費電力特性
コベルコインバータの消費電力特性、約26%省エネを実現。

IPM高効率モータを標準採用し、部分負荷効率を考慮した本体設計により、インバータ機の省エネ効果がさらにアップ。使用空気量に応じた回転数制御により、必要な空気量を最適な動力で供給します。

インバータ機による一定圧制御&省エネロジックによるロード・アンロード制御

最大7%の省エネを実現

インバータ機による一定圧制御では昇圧エネルギーを抑制し、圧力変動幅を±0.01MPa以下で制御します。ロード・アンロード制御の定速機には省エネロジックを搭載。設定した容量調整周期(最短23秒)をクリアすると自動アンロード運転となり不要な昇圧をカット。圧力調整幅を最小限に抑えます。

コンプレッサの「比エネルギー性能」とは

お客様が使用される空気量と、その空気を作り出す際に入力される総合エネルギーを評価基準とした、よりコンプレッサの使用実態に即した評価方法です。

コンプレッサの「比エネルギー性能」

従来は、空気量とモータの入力電力は個別に試験評価をしていました。新しい評価基準では、実際に使用される空気量は従来と同じく個別の評価を行いますが、加えて1m3/minの圧縮空気を作る際に入力される動力(=比エネルギー)を評価基準とします。この比エネルギーには、メインモータの入力電力だけでなく、ポンプ・ファン等の補機の入力電力を含み、実際に入力されるパッケージ動力を評価しています。

コベルコでは、圧縮機本体の性能向上に加え、ユニット内のロスの削減、より効率の良い補機の選定により、クラス最高の比エネルギー性能を実現しています。

圧縮機性能からパッケージ性能、そしてシステム性能へ コベルコは一歩進んだソリューションを提供します

最適システムによる省エネルギー効果

エアコンプレッサのパイオニアであるコベルコだからこそ、豊富な経験と実績により蓄積した技術を集結。エアシステムのクリーン化、効率化、自動化など、お客様のご要望に応える最適エアシステムをご提案します。

①台数制御運転

新型ALE同士であれば、相互結線で台数制御盤不要の台数制御運転(最大6台まで)が可能です。

②インバータ機による容量調整・一定圧制御+台数制御運転

容量調整機をインバータ機として一定圧制御をすることにより、並列して運転する定速機の吐出圧力も一定圧力となり、システムとして低圧効果が生まれ、大きな省エネ効果を実現します。

③ライン圧制御(オプション)+インバータ機による容量調整・一定圧制御+台数制御運転

ライン圧力を直接制御することで、必要以上の余裕吐出圧力を抑えることができ、運転圧力を最適化。
圧力損失を常に監視可能になり、補機のムダな動力ロスを防ぐことが可能になります。

※省エネメリット計算条件 160kW×4台 負荷率62.5% 運転時間8000hr 4台単独運転との比較

Package

すべてに高効率と使用性を追求し、ロスを徹底的に削減。

水冷機

低圧力損失・高効率クーラ

プレートフィンクーラ
プレートフィンクーラ

空気圧力損失をシェル&チューブ式と比べて1/5に、さらにパッケージ吐出空気温度を従来機より低減。ドライヤ等の後流機器の選定条件が緩和され、エネルギーロスを削減します。チューブ材質はステンレスを標準採用。高い耐腐食性能を発揮します。

本体ジャケット通水構造

水冷式では本体ケーシングに冷却水を通水し、冷却効率を向上させています。

空冷機
フロー(空冷機)

排熱対策クーラ及び3BOX構造

ワンパスクーラ+ターボファン
ワンパスクーラ+ターボファン

クーラの斜め配置とワンパス化により、ドレンの確実な排出と熱の影響を軽減し、クーラの耐力を向上させています。

3BOX構造

クーラ室、駆動ブロック室、吸込室の3BOX構造により、確実な冷却と静音性を確保しています。

Key components

新型ALEのハイパフォーマンスを支えています。

モータ

インバータ機:永久磁石(IPM)モータ

インバータ機には、回転数制御によるあらゆる負荷変動に対応し、低負荷時も発熱ロスの少ない永久磁石(IPM)モータを搭載。

モータ効率の比較(参考)
永久磁石モータと
誘導電動機の構造比較
定速機(400V級):トップランナーモータ

定速機(400V級)はトップランナー規制に準拠したIE3効率のモータを搭載。定速機のロード・アンロード制御、台数制御時のベースロード機として最適なモータです。

オイルポンプ

ギアボックスに内蔵された軸端ポンプ。効率の良いメインモータ駆動により消費電力を低減。ギアボックス内蔵により配管接続箇所も少なく、油漏れのリスクを低減しています。

吸気調整弁

省エネロジック制御を可能にする、すぐれた応答性と耐久性を持つ空圧式の吸気調整弁。放風サイレンサの内蔵によりメンテナンス部品を削減しました。

吐出サイレンサ

拡張型サイレンサと多孔板サイレンサの組み合わせにより、幅広い周波数帯域に減音効果を発揮。インバータ機の回転数制御により変化する騒音にも対応します。

ターボファン

空冷機の冷却ファンには、風量の大きなターボファンを採用しています。