KOBELCO
ご質問から資料請求までお問合せ

WWWを検索 kobelco-comp.co.jpを検索
サイトマップ
HOME > 省エネ関係 > 改正省エネ法の概要
     
   
     
   
  東日本大震災後の電力需給の逼迫に直面し、従来からのエネルギー合理化の強化に加え、電力需給バランスを意識したエネルギー管理が求められています。また、エネルギー消費量が特に大きく増加している業務・家庭部門において、住宅・建築物や設備機器の省エネ性能の向上といった対策を強化する必要があり、こうした背景から省エネ法が改正されました。  
   
   
   
  ※1:判断基準とは、エネルギーを使用して事業を行う事業者が、エネルギーの使用の合理化を適切かつ有効に実施するために必要な判断の基準となるべき事項を経済産業大臣が定め、告示として公表したものです。
※2:指針とは、電気を使用して事業を行う事業者が、電気の需要の平準化に資する措置を適切かつ有効に実施するために取り組むべき措置を経済産業大臣が定め、告示として公表したものです。
 
     
  改正省エネ法の詳細「トップランナーモータ」とは  
All rights reserved, 2003, Copyright (c) KOBELCO COMPRESSORS CORPORATION ページ先頭へ